Marcy town.

Enjoy the little things.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THE TOKYO DAY

IMGP5180.jpg


18歳から22歳という、人生の中でも最高に近い感受性敏感な4年間を過ごした東京(正確には神奈川だけど、田舎的感覚では関東これすなわち東京)へ久々に訪れた。同じ時期に同じ場所にいた友人のクルマで一緒に行ったんだけど、当時単車で駆けてた景色は色々と変わってたけど、やっぱり懐かしいものだった。
「あれ、この角にガソリンスタンドなかったっけ」「あーあれは潰れたよ」とかそんな会話の連続。改めて流れた時間の長さを思い知る。
もう自分の事を覚えている人もいないだろう学び舎へも行ってみた。新しいビルができたり、そこも色々変わってるが、やっぱり懐かしい場所だった。でもね、よく分からないかもしれないけど、そこにある空間は懐かしかったんだけど、流れてる時間は別に懐かしくも何ともない別物だったわけで。あー俺もトシしたんだなぁってね。
それは当時、大好きだったラーメン屋のラーメンの味も同じだった。それはそれで美味いラーメンだったが、「そう、この味だよ!」て感覚ではなかった。あるいは、本当は味は変わってないのだけれど、記憶している自分の中の「味」が変わったのかもしれない。

結局は、「相当な時間が過ぎた」ってことだろう。同じ場所へ訪れる事は出来ても、同じ時間を味わう事は不可能って事だ。あの時、もう少しマジメというか必死になってれば、ちったあマシな人間になってたかなぁ、とも思うが、そんな事を考えつつUS.ARMYなジャケットを着てマッチでセブンスターに火を付けてる自分も嫌いじゃあない。諦めにも聞こえるが、要はこれが俺なんだ。

その後、あの頃自分の周りにいた連中と酒を酌み交わす。まあ同級会ってやつだ。
久々の面々と飲む酒は、それはうまいものだった。
きっと今日の出来事も、数年後に変わり果てた自分が同じ様に思い出したりするのだろう。

そのまま都会の朝日を拝んで、帰路へ。地元へ近づく度に景色が寒そうになってくと思ったら、途中で雪降ってた。あーもうそんな時期か・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/11/19(月) 01:19:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<The fireworks shine bright. | ホーム | Touch your heart.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://webapollo.blog82.fc2.com/tb.php/84-a6b72583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Marcy

Author:Marcy
まぁ言ってみればね

生きること

そのものが趣味

facebook

Masashi Koide

カテゴリ

日記 (408)
movie memo (25)
ラグナロク (5)
食べ歩き (23)
未分類 (8)
my favorite (17)
DIY (14)
CG練習 (5)
野球 (8)
与太話 (2)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。